トムヤムのオッサン日記 a.k.a たなか雄一狼

トムヤムのオッサンの生き様である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日を繰り返す

まいど。



今日の大阪は雨やった。




420ファミリーのドキュメンタリーである”STORY"の発売日。






今日は全国の色々な場所で観賞会をやってくれてると思う。



おおきに。





ほんでテリーの誕生日や。



hbdterry.jpg






喫茶テリーに行ってきた。




お父さんとお母さんが、いつもと変わらず笑顔で迎えてくれはった。


テリーの好物やったシチューもご馳走になって。




ヨツオもアキも元気にしてた。






喫茶テリーに行くという事。

テリーに報告というか、何と言えばエエのかよく分からんけど。


会いに行ったというか。



場所とかは関係ないんやけど。




気持ちを引き締める行為でもあり。


後悔を感じる場所でもあり。


寂しさを感じる場所でもあり。


テリーという一人の人間が生きた事を感じ。

去った事を感じ。

今も大きな役割を果たしている事を感じ。


暖かい気持ちにもなり。

切なくもなり。

悔しくもなり。

意地にもなり。



残された人が、色々な事情や感情を抱えながらも繋がり
それが寄り添うように感じ、まだまだ頑張らんとなと思ってみたり。


自分が元気にしている姿を、お父さんとお母さんに見せる事に対して気が引けるような自分を感じたり。

無力さを感じ。


テリーに感謝し。

テリーを恨み。


それが俺なりのテリーへの愛情なんかなと考え。




自分という人間が生きている事を実感する、一つの大きな道しるべなんかなと。


俺もいつまで生きれるなんか、まったく分からんし。


そんなもんは誰も分からんのが、当たり前やけど人間で。


長さは分からんけど、明日を繰り返し。




割り切れない感情の渦でもがきながら、毎日を生きる。





俺はそうやって生きる。



苦しむ分、楽しんだるわ。




”生きる”を噛み締めて。






ほんでいつかテリーに礼を言いたいわ。





毎日を歩くで。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/19(日) 23:04:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小説。 | ホーム | 誕生日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomuyamuossan.blog90.fc2.com/tb.php/594-191dd472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。