トムヤムのオッサン日記 a.k.a たなか雄一狼

トムヤムのオッサンの生き様である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狂蜂の詩 前編

寒いやん。


気持ちエエけど。



秋か。




さて、コメント欄に書き込みがあった”狂蜂の詩”発売熱望の件。



前からこのブログを見てるマッシブは知ってると思うけど”狂蜂の詩”の説明さしてもらう。



この曲は”山本のオッサン” a.k.a 格闘家である”山本KID徳郁”の勝利を願って、
オッサンとシンゴ西成の気持ちで贈らせてもらった曲や。



山本のオッサンとは、色々な縁が重なって一年ちょっと前に出会ったんや。



ワカとスコロクトが引き合わせてくれたんや。


テリオが残していってくれた縁が全てを繋いだ。




そこから何回か会う機会があって、気がつけば一緒に旅をしたり、深い話をしたり、アホな話をしたり。


中学生が仲良くなる位の勢いで仲良くなってん。



会うまでの印象はテレビで見るくらいの感じで、イカつい乱暴そうな兄ちゃんやってんけど全然違ったからビックリした。




一つオッサンの中で、山本オッサンの人柄で印象深いエピソードがあるねん。


山本オッサンはピットブル飼ってるねんな。


ヒットブルって本来は闘犬の血を持つ犬みたい。


だからそういう犬を飼ってるくらいやから、闘犬とか過激な事が好きなんかなと思って聞いてみた事があってん。



「俺の知り合いの人が和歌山で闘犬をやってる人と繋がりがあるから観に行く?」って。


ほんだら

「俺そういうのは無理っす。だって可哀想じゃないっすか、闘う理由もないのに喧嘩させられて」


その時は、まだあんまり山ちゃんの人間性を知らんかったから意外やった。

闘犬とか血なまぐさい事が大好きで、そういうのを見てチ○コとか立ててるちゃうやろか?的な、オッサンの勝手な妄想イメージがあったから。



でもその言葉から、ああコイツはホンマに自分が闘う宿命を背負って生きてる奴なんやなって感じてん。


それから急に山ちゃんに対するオッサンの見方が変わった。





なんと言うか、昔オッサンがTVで見てた、少し頭の飛んだ狂暴な山本KIDっていう一人の格闘スターではなく、
一人の人間としての温度を感じれたというか。


温度を感じれたとか書くとバティマン的な表現になるんやけど(笑


でも、なんかそういう感じやった。


山ちゃん





まぁそこから色々な時間が流れて、大阪東京の変人が集まりだして、わけのわからん熱量が生まれてやね。




ほんで山ちゃんが大晦日に大事な試合があったから、何かできる事がないかな?と思うて、シンゴ西成に声をかけて応援歌を作って試合前の景気づけにしてもらおと思ってん。



その前の試合を武道館まで応援に行ってんけど、その時はけっこうなKO負けやったんや…。


それがオッサンも自分でもビビるくらいショックやってん。



オッサンは昔、有名な格闘技イベントPRIDEとも一緒に映画を作ったりした事があるから、しょっちゅう試合も観に行ってたし、映画に出てもらった有名な選手も試合に出てたりしてた。


でもそんなに感情移入することもなく、楽しんで観戦してたんやけど、山本のオッサンの試合は、胃がムカムカするくらいの緊張感で見た。


ほんで負けた時は、ホンマに悔しかった…。


自分の仲の良い選手が負けた事が悔しかった訳ではなく、山ちゃんという一人の人間が大観衆の前で倒された事が悔しいわ、悲しいわ、勝負の世界やから仕方がないけど、相手の選手はムカつくわ、山ちゃんの周りの仲間の顔を見るのが辛いわ、本人にどんな顔して会ったらエエのか分からんわで…


ほんまに初めての体験やった。




ほんで大晦日の大一番や。


勝って欲しかった。


それで、オッサンにできる事と思い、シンゴ西成とID-Kの力を借りてスペシャルダブを作ってん。



試合前やったし、ナーバスにもなるやろうと思ってな。


山ちゃんが、シンゴ西成のファンやって事も知って、たまたまその前にオッサンらが企画してる映像作品集の事でシンゴと話してたから、ちょうどエエ機会やなと。


ほんだらシンゴも山ちゃんのファンやって。


なんか好き好きキューピットみたいな状況が生まれてやな。


オッサンはそれに便乗したというか。

そんなん言うたらオッサンがヨゴレのドブ猫みたいになるやんけ。

違う!そんなん違う!

俺は愛のキューピットじゃ。



それで試合の1週間くらい前やったから急いで録音して完成させたんが狂蜂スペシャルダブやってん。


ほんで完成した曲を山ちゃんに送ったらエライ喜んでくれてな。


その曲で試合に入場してくれるって言うてんわ。


嬉しかったわ。



オッサンもシンゴも、素直な話をすれば、その曲で、もし山ちゃんが入場してくれたら嬉しいなーって気持ちは心にあったと思う。

真剣に作った曲やったし。

でも、ホンマに山ちゃんの大勝負を何かの形で応援できればと思って作った曲やった。


だから純粋に、それに答えてくれた山ちゃんの気持ちが嬉しかったわ。






正念場で入場した事もあった。

時が流れて。

色々と辛いことも悲しい事もあった。



でも今を必死で生きる人間がおる。




ほんでそこに何かがまた生まれる。


それが次々と繋がって、俺らの歴史になるんやろな。




続きはまた。




































スポンサーサイト
  1. 2010/09/24(金) 02:52:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<狂蜂の詩 前編と後編の間の編 | ホーム | 追加>>

コメント


キューピット
( ̄□ ̄)




  1. 2010/09/24(金) 03:40:07 |
  2. URL |
  3. Wolf-T #-
  4. [ 編集 ]

あたたかいですね。
私もオバチャンなっても
あたたかい友情が
続くことを願います(´・ω・`)
  1. 2010/09/24(金) 03:52:28 |
  2. URL |
  3. 藍子 #bLefcyyU
  4. [ 編集 ]

感動。。。。。。
感動しか、出て来ないっす。。
  1. 2010/09/24(金) 04:41:30 |
  2. URL |
  3. アーセン #-
  4. [ 編集 ]

感動

感動。。。。。。
感動しか、出て来ないっす。。
  1. 2010/09/24(金) 04:43:25 |
  2. URL |
  3. アーセン #-
  4. [ 編集 ]

お互いがお互いを思いやる気持ちって
本当に大事ですね。

やっぱり
友達って、仲間って
いいものだなと
しみじみとしてしまいました。
  1. 2010/09/24(金) 08:36:15 |
  2. URL |
  3. ゆき #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/09/24(金) 09:47:54 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

この日記の続きが早く読みたいです。狂蜂の詩を発売してください。
  1. 2010/09/24(金) 14:19:36 |
  2. URL |
  3. ユウ #Ybw1CIdM
  4. [ 編集 ]

狂蜂の詩
ほ ん まに発売お願いします(>_<)
  1. 2010/09/24(金) 14:23:08 |
  2. URL |
  3. 神の子の大ファン #-
  4. [ 編集 ]

金に変わる違和感。

強烈に聞きたい欲求が少し抑えられました。
  1. 2010/09/24(金) 14:46:18 |
  2. URL |
  3. taro☆鵠沼 #-
  4. [ 編集 ]

アツいです!
本当に感動させてもらいました!
ここまでぶっとい絆があるんですね!
山本KIDさんのファンでよかったっす!
感謝どすえ(^O^)/
  1. 2010/09/24(金) 16:50:39 |
  2. URL |
  3. ヨシ #-
  4. [ 編集 ]

狂蜂の詩はほんま男気 感じる歌っすね!!
ホンモンの仲間どうしだからこそ生まれる感動があると思いました
やっぱ漢は熱くないとアカン思うっすね!
狂蜂後編熱くまってます!
  1. 2010/09/24(金) 17:11:22 |
  2. URL |
  3. サトル #-
  4. [ 編集 ]

前、KIDさんPVに出たいとブログに書いてあったので、PVつきでお願いします。良い音楽は、サランラップのケースでも
試合の時聞いたけどいい歌で涙でてきました!
  1. 2010/09/24(金) 18:29:22 |
  2. URL |
  3. お願いします。 #-
  4. [ 編集 ]

いつかKIDさん紹介してくださいよー
  1. 2010/09/24(金) 20:51:54 |
  2. URL |
  3. uraniwa #-
  4. [ 編集 ]

狂蜂の詩

感動しました。
[狂蜂の詩]から溢れる高まり以上の高まりが籠もっているのだなと。

経緯の続きを読みたいと切に思うと同時に早期発売を強くお願いしたいです。
[狂蜂の詩]は日本だけでなく世界に通じる詩だと確信しています。

私たちにどうか希望をください。
狂蜂の詩の全てを聴かせてもらいたい。


失礼かもしれませんがもう狂蜂の詩は応援歌の範疇を越しました。リリースされるべきです。
(⌒~⌒)
  1. 2010/09/25(土) 00:58:09 |
  2. URL |
  3. フォークの神 #-
  4. [ 編集 ]

おっさんの考えていることに共感したり学ばせていただいています。

狂蜂の詩ぜひ発売してください!

  1. 2010/09/25(土) 01:00:34 |
  2. URL |
  3. hide #-
  4. [ 編集 ]

あたしもピットブル飼ってます♪ あとシーズーも♪ ピットを闘犬として飼ったり 犬の意思とは無関係に 闘わせたら虐待と一緒な気がして。。。
  1. 2010/09/29(水) 14:37:46 |
  2. URL |
  3. 飯能のリエ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomuyamuossan.blog90.fc2.com/tb.php/285-e38dc44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。