トムヤムのオッサン日記 a.k.a たなか雄一狼

トムヤムのオッサンの生き様である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

確かな事

色々なコメントおおきに。




君らも、こんなオッサンのブログに書き込みなんかして…















立派な変態やね。








さてさて。


今日はオッサンのオトン&オカンと晩飯を一緒に食いに行った。





大通り沿いの信号の所で待ち合わせて。





オッサンが先に着いてボケーっとしてたら、通りを挟んでオトンとオカンが見えた。





その姿を見た時に、なんか暖かい気持ちになってな。




2人も年をとったなと。



でも幸いなことに2人とも一応元気で。



2人並んで歩いてきた。





信号を挟んだ向こうに、俺を生んで育ててくれた2人の男女がおる。



都会のど真ん中。



色々な人間がおる交差点。




でもその溢れるほどの数の人間の中で、俺とオトン&オカンは親子って言う絶対的な絆で結ばれてる。




もし、お互いがその場所で、何かの大きな事故や事件に巻き込まれても、何をしてでも助けようと。



オッサンもするし、オトンとオカンも絶対にしてくれると信じれる。



なんの根拠もないけど。


普通にそう思える。



この2人もいつかはいなくなる日が来る。

そう思うと切ない。


でもそれは確かな事。


でもその日まで、一つでも良い想い出を残して生きたい。


お父んお母さん





オッサンは幸いにも両親が健在や。



でも世の中には、色々な親子がいる。



既に親を亡くした奴。


親との関係がうまくいってない奴。


親を知らない奴。


血の繋がりのない親を持つ奴。


親が離婚した奴。



親を恨む奴。




それぞれが色々な思いを持ってると思う。




オッサンには分からん複雑な想いがあると思う。



ただオッサンが思う事は、それぞれの立場で親という、切っても切れない縁で結ばれた人間と、
それぞれの想いで向き合って、生きて行くしかないのかなと。


大切に思う事。


許す事。


許せない時は、少しでも心の平和が親子に訪れる事を願う事。

壊れた関係の欠片を少しづつ集めたり。


色々な形があると思う。




親が子を殺し、子が親を殺す。


そういう出来事が起きる人間社会。




親子。


簡単な様で、複雑やね。


生物としてとても深い関係。






オッサン自身、こうして親子について日記を書いても、そこには何の答えもない。


答えも無いのに書いてるんや。


それは、俺も色々と考えてる最中やからやと思う。




ただ俺にとって確かな事は、俺はこの人たちの息子に生れてよかったと思う事。



俺はエエ年こいても、今だに夢見る変態オッサンで

申し訳ないんやけど。


今でも親子喧嘩するし。


でも、もし俺が生まれ変わるとして、次の人生を選べるとしても、オッサンはオトンとオカンの子に生まれる事を選ぶと思う。


例え次の人生がベッカムみたいなスーパースターに生まれ変われるとしても遠慮さしてもらう。



大阪のしょうもない下町に生れた。


気のいいだけの、ごく普通の大阪のオッチャンとオバチャン。




その両親でエエ。



そう思える事は、俺は幸せやと思う。












テリーは親を置いて先に逝った。


とんでもない親不孝や。


こういう事は言いたくないけど。

でも、ほんまにそう思って、俺はどうしようもなく腹が立つ。



子供を救えなかった親の気持ち。


今の俺には理解できるわ。


やりきれない。




残された者は痛みを共に背負って生きるしかない。




でも、俺はテリーのお父さんとお母さんは好きや。


お互い、たまに会うくらいやし、そんなに内面の事は知らないけど、本能的に好きやねん。


向こうはどう思ってはるか知らんけど(笑


ただそれだけ。


でもそう思ってる奴が沢山いると思う。



テリーという息子はいなくても、あの二人を大切に思ってる人間がこの世にいる事は絶対に確かな事。

その気持ちが2人に届く事を願う。


息子を先に失った痛みを癒すことは俺らには出来へんけど、その悲しみだけで人生を終えて欲しくないねん。


それが裏庭の願いの一つでもあると俺は信じる。



俺は、あの二人の為に命を差し出すことは出来へんけど、その代わりにトコトン生きたろかなと。


このブログでオッサンの恥ずかしい姿を晒し続けて、テリーのお父さんやお母さんにも

末永くご鑑賞頂く。





最近、オッサンの実の姉ちゃんや姪っ子達にもブログを見られているといった情報があってやね…


実際、少し困惑気味ではあるんやけど…




もうね。






見やがらんかいと。



チンチン ブラブラ~



ろけんろー



そら写真もコマゲンするで。


分かる?コマゲン?


COME AGEINって事な。



もうオッサン見られすぎて見られすぎて…




だんだん興奮してきて






それはない。


でも姉ちゃん、今度会ってもブログの話題は出さないでね。


俺の心が痛いから。

一応、俺もうすぐ40歳やから。

そこは気を使ってね。

ブログを見てても見てないフリだけはして。







色々な話を書いたけど

まぁ…

何が言いたかったのか分からんようになってきた。




ボチボチ生きましょうと。


ほんで出来る限り親は大事にしましょうと。



そういう事やね。


















スポンサーサイト
  1. 2010/09/09(木) 03:44:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<< | ホーム | 一段落>>

コメント

やっぱり親に感謝ですよねぇ~ いろんなやつがいると思うけど、やっぱり産んでくれたことに感謝してこれから恩返ししてかなって思わないと雄一郎さんだってそうでしょ?(笑)
  1. 2010/09/09(木) 06:50:14 |
  2. URL |
  3. uraniwa #-
  4. [ 編集 ]

暖かい気持ちになりました。なぜか涙まで。家は片親だから余計感謝しないと。久しぶりにゆっくり話てみよーかな。おっさん有難う。
  1. 2010/09/09(木) 07:39:09 |
  2. URL |
  3. トラトラトラ #-
  4. [ 編集 ]

私も 今度生まれ変わるとしたら
やっぱり、今の両親と兄達の家族として
生まれ変わりたい。

いろんな時期があって、たくさんケンカもしたし
殴られたけど
今は感謝してるし、ずっと元気でいてほしいと思う。
不思議だけど 大人になっていくにつれて
親のありがたみが分かってくるんですよね。

親が元気なうちに たくさん親孝行しなくちゃいけないですね。

・・・・・っていうか
オッサンさん・・・・
この写真をお姉さま方に見られてるとは・・・・(笑)
いや、でも・・・可愛い弟&叔父さんって事で・・・・
複雑な思いですね(笑)

  1. 2010/09/09(木) 08:20:48 |
  2. URL |
  3. ゆき #-
  4. [ 編集 ]

ソーセージ

のんびりのんびり行けばいい~
  1. 2010/09/09(木) 12:24:13 |
  2. URL |
  3. Mt.junko #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/09/09(木) 12:46:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

いろいろ私も考えますね。
考えて行動して
少しでも後悔しないよう
大切にしたいと
思います
  1. 2010/09/10(金) 00:04:16 |
  2. URL |
  3. 藍子 #GZmo7pHg
  4. [ 編集 ]

やっとこさ通い続けて今
ハブと拳骨げっとした
  1. 2010/09/10(金) 00:56:48 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/09/10(金) 11:34:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomuyamuossan.blog90.fc2.com/tb.php/276-c8fd85c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。