トムヤムのオッサン日記 a.k.a たなか雄一狼

トムヤムのオッサンの生き様である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悲しい

最近、悲惨な事件が続いて起こってる。



子供が親に殺された




七歳の子が両親に虐待され続けて死んだ



借金苦で父親が、妻と子供2人を殺した。
たかだか500万の借金やとニュースで言うてた…。





こういう事件は今に始まった事やない。




頻繁に起きてるで。



虐待って言葉は、この近年よく耳にするようになった。






オッサンは悲しいわ…



惨すぎるやんけ




子供が親に殺されるんやで


”お父さん”とか”お母さん”に


小さいながらにも生きて、その最後に見た光景が、自分の親が殺しにくる光景やぞ…



胸が張り裂けそうになったわ



そんな地獄があるんかと



この国、日本でやぞ



玩具が欲しい、お菓子が食べたい、両親に抱きしめれれて、甘えて 普通の事やんけ

子供やで


それが、家でドツキ回されたり、首絞められて



虐待で死んだ子は、そとで誰かに虐待について聞かれても父親をかばってたらしい


怖かったんか、何なんかは分からんけど…





七歳なんて無力やん。


小さい家庭の中が、自分の世界のほとんどやもん


誰にも言われへんかったんやろな



辛かったやろうな


怖かったやろうな


痛かったやろうな


悲しかったやろうな





それをやった親はどう裁かれるか分からん


極刑になるかどうかは分からん




この親に対しては  怒りを通り越したわ…


虚しい


普通に、その親に対して「お前らも死ねや」って思う気持ちもあるけど、それだけやないねん

その親が死刑になったら、それだけでエエんかどうかも分からんわ…




お前らは、なんでそんな風になったんや?と思う




子供を育てるんは大変なんは分かる


育児ノイローゼになる人もおるんは分かる






せやけど、どないかできへんだんか?とホンマに思うわ





俺も無力や



どないもできへん。



目の前でやってたら、やめさせるなり、通報するなりするけどな、

でも、その場しのぎで、家に帰ったらその親が逆上して、もっと酷い目に子供があわされるかもしれん


かといって、オッサンがその子を引き取って育てたり、親の借金を肩代わりできるわけやないしな。



人間は弱く醜く残酷になる事もある
そうならない人もおるけどな



オッサンも昔に、暴力と恐怖で人を支配した事がある

でも結局それは自分の傷となって、未だに思い出すし苦しむわ

寝る前に思い出す事もあるで それは付きまとうわ




せやからこれからは、できるだけ穏やかに、出来るだけ人には優しく そう生きたいと願ってる。

そう思われへん時もあるけどな。

でも努力はしようと思ってる。



人の為とかそんなんちゃうねん。

自分の為やで。

それで自分が救われな、人なんか救われへんから。

オッサンは人の為にとか言う奴は、あんまり信用できへん。

それをパフォーマンスにしてる奴が多いから。



まずは自分の心の平和。


それが周りにも、エエ光を照らすことになればエエかなと。







あとは、もし自分の周りで、虐待とか悲惨な出来事が起こってたら、
冷静に何か自分で出来ることを考えて、すこしでも行動ができればなと。


オッサンはキチガイみたいなとこもあるけど、そのへんは狂ってないと思う。


ホンマにそんなエエ人やないからな。

俺の事をエエ人やって言うてくれる人もおるけど、そんなエエもんちゃうで。

けっこうボロボロやで。



この数日間、心の中で、やり場の無い怒りみたいなんが渦巻いて、黒い涙みたいなんがジワジワと滲んでくる。


狂った事が多いこの世の中にウンザリする時もある。

クソみたいな奴は全員くたばれと普通に思う事もある。



せやけどそういう”暗いもん”に自分が飲み込まれんように、”光”を探して生きて行くんが俺らの戦いかなと。

”神様”とかもおるかもしれん。

せやけど”人間様”にも意地がある。



俺らなりの”反逆”のやり方は、絶対に考えて少しずつでも実行したらなアカンなと。





生まれ変わりとかあるんかなぁ?

わからんけどな。


でも、その地獄を見てこの世を去った子供らが、生まれ変われるんやったら、
来世では幸せな家に生まれ変わって、優しい両親に大切にされて欲しい。




ホンマにそう思う。




これはホンマの話やで。


























































スポンサーサイト
  1. 2010/01/28(木) 17:51:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<BKK | ホーム | 明日>>

コメント

言うことないです…。
そんなアニキをほんまにリスペクト!!
  1. 2010/01/28(木) 19:02:13 |
  2. URL |
  3. ナカヤーマン★ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/01/28(木) 20:11:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

初めて書き込みします、37歳おっさんです。

山本キッドさんのブログ経由で、ここ最近

拝見させてもらってます。

失礼ながら、トムヤムさん、そしてテリーさんというお方の

作品はまだ聞いておりませんが、(必ず買います。)

ブログを最初から拝見してただ一言、

あなたは素晴らしい。

素晴らしい人間性、才能をお持ちですね。

今回のブログでお書きになられた様に、

紆余曲折して現在に至ったのでしょうが、

それをその都度噛み砕いて、消化し、

血となり肉となる様、努力したから今が

あるんでしょうね。

長文、乱文にて失礼しました。

ますますのご活躍、期待しております。



バティマンちゃうで(笑)
  1. 2010/01/28(木) 20:44:27 |
  2. URL |
  3. 須藤 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/01/28(木) 21:10:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

この人達にとって自分の子供ってなんだったんでしょーかね?
雄一郎さんの言う通り。
  1. 2010/01/28(木) 21:54:54 |
  2. URL |
  3. 仙臺46 #-
  4. [ 編集 ]

ホンマに命は大切にしないとダメですよね。
俺は小学生の時に父親を亡くし、その頃からか人の死について考える様になってた…
自分の命、家族の命、
仲間の命、彼氏彼女の命
本間大切☆
粗末にしていい命なんてない。

ありがとうございます☆
  1. 2010/01/28(木) 23:51:53 |
  2. URL |
  3. カンナビス #RV3TGl7I
  4. [ 編集 ]

せやせや!

ファミレスで子供が走り回ってても注意すらしない馬鹿親。
己の子供を「オマエ」呼ばわりで自分の感情のみで叱りつける馬鹿親。
そんな「親らしくない親」を最近よく目にします。
そんな親でも子供にとっては唯一の親…。

俺はそんな親にはなりたくないな。
  1. 2010/01/29(金) 00:40:56 |
  2. URL |
  3. 32のオサーン #CofySn7Q
  4. [ 編集 ]

スウエット

報道で見た!始めからそんな真似するような人間でなかったろうに・・
自転車や玩具が映像に見えるし・・
人間性叩き潰れるような社会構造なんだと思ふ・・
増えるのかな・・
バビロン!糞め!!!
  1. 2010/01/30(土) 01:23:30 |
  2. URL |
  3. パーカー #-
  4. [ 編集 ]

日本

いろんな考えを持った人がいる中で、こいつはすごいャッだって言える人はどれぐらい存在するんでしょうか?

自分の親は自分にすごいたくさんの愛情、やさしさを持って育ててくれました。悪い事をしたら悪い、良い事をしたら褒める、と。 自分でも何が言いたいかわからないけど、虐待を受けている子供は、どんな気持ちや心で親の事をみていたんでしょうか?
もし自分がその子供の立場だったらどんな感情なのか、、、
そんな事を考えてしまいます。
亡くなられた子供が向こうでは笑って生活できていたらなと思います。
  1. 2010/01/30(土) 03:28:35 |
  2. URL |
  3. YAH-MANです。 #-
  4. [ 編集 ]

銀河探検鬼

こんなにもおかしな世の中
こんなにもくだらない世の中

でも、その中にも素晴らしい、highで最高の世の中!素晴らしい人生!
まさに銀河探検鬼の人生ですわ!

ICE MANさんは深い。

Peace
  1. 2010/02/02(火) 05:51:18 |
  2. URL |
  3. OVER ONE #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/02/02(火) 13:53:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomuyamuossan.blog90.fc2.com/tb.php/181-a0b5aed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。