トムヤムのオッサン日記 a.k.a たなか雄一狼

トムヤムのオッサンの生き様である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感謝の言葉

難しい問題やのに意見を書いてもろたヘッズに感謝する。



また一つ考える事が出来た。




瓦礫の処分についてネットに出回っている情報が確かなら、明らかに瓦礫の処分にまつわる利権が絡んでいる事も現実的に想像できる。


沖縄県の瓦礫処理受け入れ表明については、特に色々な事が言われてるな。


事実は、しっかりとした裏付けが取れるジャーナリストや市民ウオッチャーが追求した上で、
世論がどう動くかやな。



インターネットは、一昔前なら国民の目に留まらなかった情報が誰にでも閲覧でき、政府の息がかかったメディアより自由な表現や言論が誰でも出来る場でもあるけど、基本的に発言や表現に対しての匿名性が強いから、星の数程の情報の中には、得体の知れないものも多いのも事実。

テレビやマスコミの情報ではないから真実みがあるという錯覚も強いな。

ツイッターなどに挙げられている事をそのまま鵜呑みにするのも危険。


結局、殆どの事実なんて誰にも分からへんねんやろな。


だってそこらへんの中小企業の内情だって、一つの家族の内情だって、
ほんまにごく限られた人間しか事実は知らんやろうし、もしかしたら当事者だって知らん事も多いと思う。


真実なんて感覚は、人間の世界ではほとんど無いんやろうな。


考えるのは無駄、行動あるのみみたいな事を言う人もおるけど、
今の日本人には、もっと考える事が必要やと思う。


なんとなくの”空気”で生きてきた気がするという意見には俺も納得するものがあったわ。

昭和の後半から今にかけて。豊かさの絶頂というか、飽和状態やったから。


国民が平均的に、それほど深刻に色々な事を考えんでも生きてこれたんかなと。

個人的な悩みとかじゃなくてな。ある程度仕事でもしていれば生活が出来て、仕事も見つかりやすく。

政権も安定してて、それなりに表面上は平和で。


そのツケが回ってきたんかなと思う。


その上に、天災。

人間の限界。





東日本大震災から1年が経ち、自分も含め被災地以外の世間から徐々に震災のショックが薄れていっているな。


ほんで、深刻化する放射能問題のみが被災地以外の場所では問題視され始めて、それが増長してる。

人間は勝手なもんやから、自分の目の前にある現実でものを考え反応し行動する。

でもそれも自然な事。

被災地と被災地以外の人間が同じ感覚で生きる筈なんて無い。


何処かで寒さや飢えに苦しんでいる人がいると知っていても、
自分も寒い中で服も着ずに断食するかというてもせえへんからな。


現実にそういう事がおきていると知っていてもな。


それは日本人だけでなく、人間という単位の話でもある。

世界で色々なエゲツナイ事が起きているのを、殆どの人間が知っているのに、
恵まれた環境の人間は日々の中で自分の悩みや生活の事だけに追われて色々な事に無関心になる。



「瓦礫といっても、その場所で暮らしていた人もいる」という声で、俺も考えた。



他の人にとっては、瓦礫というのはゴミみたいなもんで、しかも放射能がある汚染された忌まわしいものでも、そこで暮らしていた人にとっては思い出の家であったり、家族の形見であったり。
人間が生きる上で、様々な想いが詰まった場所であり。
家族や仲間が、命を失った場所であり。


そういう人の想いを一言で、瓦礫と片付けたらあかんなと思った。

それに気付かせてもろたわ。



でもその上で感情論は抜きに、
本当に被災地の復興と日本全体のバランスも考えんとあかん現実もあって。


これは、ほんまに専門家の力を結集せんと市民感情ではどないもならんなと再認識もした。



放射能の危険性を訴える事も重要。

でも被災地で生きる人間もいるという事を忘れ、
自分や自分だけの周りの事だけでヒステリックになり過剰に放射能の事だけをトピックスにするのも、
どうかなとも思う。




その上で、俺らに必要なな事と、誰にでも出来る事は



もっと”想像力”を持つ事かなと。

思いやりという言葉も、想像力やと思う。



その上で、各自が被災地に同情するとか、そういう感覚だけでなく
一人の日本で生きる人間として、自分に出来る事をするというのが大切なんかなと。

それが被災地支援に直接関係なくてもエエと思う。




想像力をもった上で、それぞれがそれぞれの事をする。


それぞれの人生を大切にする。


喜怒哀楽と共に、この国で生きる。

その力強い空気が今の日本には必要やと思う。


それで全てが変わるなんてことは絶対にない。

でも、確実に何かは良い方向に向くと俺は信じる。




それがこの日本の現状から一歩踏み出す事かなと。





胸にささる作品。


楽しい作品。


痛い作品。


夢のある作品。


アホな作品。



色々、色々。




それを俺は生み出していく。



それが俺にできる事。



それが何かの役にたてばエエなと。





コメントをくれたヘッズに感謝。



なんか一つだけ、420レコーズの男スタッフの写真がスケベそうに見えるってのがあったな。


そんなんあの日記に関係ないやんけ(笑

おもろい奴やのー。


まぁ、君みたいなキャラも必要やわな。



それと一つ目のコメントで「オッサンなんか返事くれや」と書いた君。

その口の聞き方を俺の目の前で俺に対してやったら、しかもオッサンより年下やったら。


おもっきりカンチョーするからな、しばらく立たれへんくらいに(笑


言葉遣いを考えろ。この無礼者が。


わははははは。
  1. 2012/05/26(土) 12:11:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。