トムヤムのオッサン日記 a.k.a たなか雄一狼

トムヤムのオッサンの生き様である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

道の途中

本気の秋やな。



場所によればもう冬を感じるとこもあるんやろうな。




寒い。



っていうても、まだまだこれからなんやろうけど。





さてさて、小説の話。




ここでも何回か書き終えたと報告してきたけど、遂にオッサンの手元から原稿が旅立った。



やっと東京の親分さんからオッケーが出てな。


やっと頂上に辿り着いたと思っててんけど、何度か転落してエンディングの書き直しをやってた。



この2ヶ月はホンマに苦しい日々やった。


長編小説の執筆は初めての経験やったから、こんなに恐ろしいもんやとは思わんかった(笑


でも数日前にOKが出て、
「田中さんの脱稿(文章を全編、書き終えること)のタイミングでこちらは動きます」と次のステップに進む許可が出たんや。

今後はオッサンの知らないところで出版に向かっての動きが始まる。

出版社が決まって、編集、校正、装丁などのデザイン、発売日が決まり、プロモーションなどなど。


オッサンの知らん世界やわ。



今回、オッサンが組ませてもらう事になった人は、日本の出版界でも重鎮の人で、
そういう人とガチで向き合って、サシで完成のぶつかり合いをさせて貰う事は、ほんまにプレッシャーやった。


せやけど俺の人生の中で、また一つ大きな修行をさせてもろたと思える。



全てを見抜かれて、誤摩化しの一切通用しない人と向き合う事はしんどいけど、その先には必ず自分の成長に繋がる何かを得れると俺は信じる。




やっと、新しい景色が見れる。



何回も何回も転落した。



俺が費やした何年間が、全て無駄に終わるんちゃうかと不安にもなった。



まだ出版までにはいくつかのステップがあるけど、俺個人としては最大の山場を超えたと思う。



原稿が旅立った事による達成感もあるけど、それ以上に不安もあるわ。


今まで経験したことが無い不安や。



なんか大きなものを失ったような気もする。



まだまだ「おめでとう」と言われるのは早い。



例え無事に本が発売されても、また次、次と何かを作っていく。



俺が出来る限り、生涯現役で続けたいと思ってる。




来月からはトムヤムサムライの1stアルバムの制作が本格的に始まる。



オッサンのソロアルバムも進める。




小説が出たら、それを映画化したいとも思ってる。




変なアパートも造りたいと思ってる。





オッサンのディナーショウもやらなあかんし。




420レコーズの見回りにも行かなあかんし。




いやぁー忙しいなぁ。



月光も開けなあかんし(笑





オッサンなりに、この時代を生きるで。



この国や、世界、地球が未来にどうなるかなんて分からん。



そんなもん誰も分からんわ。



人間なんか分からん事が殆どやん。


無知でエエって事やないで。



知ったふりをしてても、結局は分からん事が殆どやってこと。




だって明日、地球が爆発するかもしらんやん。


そんなん誰も分からへんもん。


3月11日に地震が来る事も知らんかった。


予言者みたいなんはおったんかも知れんけど(笑



せやけど俺にはそんな能力ないしな。




政治も良くわからん。


政治家にも成りたいとは思わん。



だから政治家の文句ばっかり言うててもしょうがないなと。


それを言うなら自分が政治家を目指したらエエねん。


最近はそう思う。




それぞれが価値観を磨いて生ないとアカン時代が来た。



オッサンはオッサンで、政治や行政、学校教育では手が届かない世界で、自分の作品を通じて何か人に与えれたらと思ってる。



国を変えるとか、そういう大それた事やなくて。


人間という儚い存在として生きて、何かを感じて、表現して生きたい。



ほんでいつかはオッサンも死ぬ。



ただそれだけやねん。



それまでは、嬉しい事も、悲しい事も、楽しい事も、辛く苦しい事も味わって生きる。


本当の自分なんかないから。



そんなもん存在せえへんで。



常に今の自分が連続して鎖みたいに繋がっていくんやろなと。



そのなかで、だいたい自分はこんな感じかなって、分かってくるんやろうけど、
それも答えではないしな。


人の気持ちなんか1時間でも変わるし。


こんな俺は俺じゃないとかも無いわ。

全部自分やから。


まあそれぞれが、ある程度、好きな自分って姿を演じて生きるねんで。


それをペルソナ(仮面)と言うらしで。


好きな仮面を選んで付けて社会の中で生きるらしい。




「それやったら全て嘘やん!」言うたら、もう終わりやで(笑



人間はそんなもんやねん。


勝手に期待しすぎたらアカンな。


俺はこういう人であるべきや!とか、お前はこういう人であるべきや!とか


そんなん下手したらただのエゴで妄想やもん。

オッサンもそれで何回も失敗してるわ。



そういうても何でもありってわけではないと思うで。


無意味に誰でもいいから人を殺したい、無意味に動物を殺したい、そういう本能や感覚が人間の中にある事は否定せえへんけど、俺はそういうのは美しいとは思わん。


「人間なんて一皮むけば獣と同じ」って言葉があるけど、そこは人間やってるいじょうは意地を張りたいな。





人間なぁ...。

変わった生き物やで。

何やろな?




オッサン仮面。あははははは。



ホンマの俺?



そんなもん俺が知りたいわ(笑












スポンサーサイト
  1. 2011/10/19(水) 03:23:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。