トムヤムのオッサン日記 a.k.a たなか雄一狼

トムヤムのオッサンの生き様である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誕生

「錆びた空には色を塗る」


そういう名前の曲が完成した。


この前、少しだけ書いたんやけど”山嵐”というバンドのタケシ君ってベーシストと縁ができて、
彼が手がける洋服ブランドの記念コンピレーションアルバムにゲストボーカルとして声をかけてもらったんや。

TO.jpeg



去年の11月に東京で初めてトラックを聞かせてもらった時に、
そのトラックを一発で気に入って、このオケやったらエエ曲に出来ると直感してん。


タケシ君との波長も合った感じもしたし。






それが終に完成した。



音楽をやってる人は分かると思うけど、あまり知らない人の為に軽く説明な。



まず最初に、オケを作ったり、リリックを書いたり、メロディーを作ったり、
俗に言う曲作りをしてやな、それから録音に入るわけや。

ほんでスタジオで楽器や歌を録音するねん。

実際のバンドとかの録音は大変やで。楽器の演奏も全部録音せんとアカンしな。


そこから録音が終われば全工程終わりというわけやなくて、まだまだ半分くらい。



もう少し楽器が欲しかったり、歌に合わせて曲を盛り上げたい時は少し音を足したりしてアレンジする事もある。



それで音素材が全部揃ったら、TD(トラックダウン)MIX(ミックス)と呼ばれる最後の工程やな。


そこでは各音素材のバランスや響きなんかを主に調整するねん。

もう少しビートを大きくとか、RAPを大きくとか。

ただバランスを調節するだけではなく、その曲の世界観も左右するような大事な作業なんや。



いくら歌や演奏が録音で良くてもMIXが悪いと全てが台無しになるんや。


だから、その仕上げには信用出来る職人さんを雇うわけやね。


それがエンジニアと言われる人やね。

オッサンにも何人かお気に入りのエンジニアさんがおるわ。




自分でMIXをやる人も最近は多いけどな。


まあ色々なやり方があって、どれが正解とかはないねんけどな。


自分が求める音を追求すればエエだけの事やから。


音楽好きのヘッズも多いと思うから、たまにはこういう内容もエエかなと。

ふだん聞いてる音楽の裏側にも色々な工程があって、そうやって完成していくんやでと。



ミキサー



この日は5~6時間かけて一曲をMIXした。



何回も何回も聞きなおして。

タケシ君

オッサン

スタジオ1


お互い妥協せずに、完成に向けて神経を集中させて。


オッサンらはアホやけど、こういう時だけはホンマに真面目やと思うわ。


音楽というと派手な感じがするけど、実際のスタジオでの作業は地道で根気のいる作業なんやで。

タケシ君は刺青だらけでかなりファンキーな外見やけど、
音楽に関してはすごい繊細で、こだわりを持った感じが伝わってくる。

わけのわからん能書きは一切垂れない直感的でセンスのあるアーティストやな。




今回は助っ人も来た。


山本プロデューサーの厳しい意見を聞くオッサン達。

山本P


そして集中

山本P2




本物の音を追求する






というか山本君はカレー食って遊んでただけ



この日も応援に来てくれたみたいやったけど、いったい山本君は何をしに来たのか?と後から思う。






さてさて、このタケシ君は神奈川の人なんやけど裏庭の人間とも色々とつながっててな。


不思議な縁でオッサンのところにつながって来たんや。




オッサン的にも納得の曲が完成した。

まあ俺らの”赤ちゃん”を作ったわけよ。

オッサン同士で赤ちゃん。


不気味な響きやな…。


まあそれは冗談としても、それくらいのもんやで。作品というのは。



おれは、そういう重みのある音楽をやりたいねん。



ほんで今回MIXをしてもらったスタジオは、大阪吹田にある”STUDIO YOU”



大阪の濃い裏庭のアーティストやったら誰でもしってるはず。逆に知らないとモグリやな。


テリーも15年前くらいにこのスタジオで初めて本格的なレコーディングをしたんや。

歴代の裏庭アーティストもこのスタジオで作業してきたんや。

俺がトムヤムサムライのMIX-CDで紹介したあれな。




そのオッサンらの時代が刻まれた原点のスタジオで、
また新しい仲間と新しい音楽をつくり、また一つの時代が生まれるんやなと思うと感慨深いわ。



テリーもこの部屋にいてたなとか思い出した。


でも、そこにタケシ君や、山本のオッサン、クロフィンもいて。


エンジニアの大輪さんは昔から何も変わらず。



不思議な気分やったわ。



狂蜂の詩に続いて、誰にも恥じない曲が出来たと思う。


タケシ君とはまた音楽をやりたい。

純粋にそう思った。



6月くらいに発表できるみたいやから楽しみにしててくれ。



豪華メンバーでのコンピアルバムになるとの話や。


俺らの音楽が誰かの力になればエエなと願う。


よろしく。


タケシ君 オッサン1







クロフィン写真おおきに。

  1. 2011/03/27(日) 23:08:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。